適応障害ダメンヘラ―の憂鬱【毒々展】

適応障害で休職した20代会社員の毒々しいブログ。復帰するも社内ニート。転勤族の一人ぼっち。話相手が欲しい

田舎に憧れていた時期

こんばんは、ダメンヘラー白山名君です。

 

僕はど田舎で育ちました。

 

だから、田舎が好きです。

 

遊ぶロケーションなんて何もないけど、田舎の匂いというものがあった。

 

小学校の時なんかは、友達の家まで自転車で1時間かけて遊びにいくのが当たり前でした。

 

都会の子には、イマイチ伝わらないのかな?

 

行きと帰りの時間、2時間を加味して予定を汲みます。

 

友達の家では、ゲームをしたり、かくれんぼしたり、映画見たり。

 

毎日が、充実していると感じました。

 

あの時代は、もう戻ってきません。

 

でも、そんなことを20代になった今でも考えている私は、ピーターパン症候群なのかもしれません。